【最新版】公務員は有給休暇がとりやすいのは本当か?リアルな職場事情を解説!

こんにちは!たいせーです。

悩む人
悩む人
  • 公務員は有給が取りやすいって聞くけど本当かな?
  • 公務員になりたいけど、有給の制度について詳しく知っておきたいな

公務員になりたい学生や社会人にとって、有給休暇の制度をしっかり知っておくことは大切です。

入庁してから「想像していたイメージと違った!」なんてことは避けたいですもんね。

また、世間では「公務員=仕事を休みやすい」と思われがちですが、本当なのか気になる人も多いはず。

そこで、本記事では「公務員は有給休暇が本当に取りやすいのか」を解説します。

この記事を書いている私は、公務員(市役所)→大手民間企業→公務員(特別区)という経歴の持ち主です。

市役所と特別区という2度の公務員を経験しているため、公務員の有給のリアルについて語れます。

もし、あなたが公務員という職業になろうか悩んでいるなら、きっと役に立つ情報があるはずです。

サクッと読める分量なので、ぜひ最後までお読みください!

たいせー
たいせー

公務員になりたい人は大手予備校のクレアールが発行している「 社会人のための公務員転職ハンドブック」を手に入れよう。無料なのに、公務員試験に 必要な情報がギッシリ書かれているよ。学生にも使える情報が満載だから、他の受験生よりも早く手に入れよう!

\完全無料、数量限定/

公務員の有給休暇の制度

まずは、公務員の有給についてどんな制度か簡単に押さえていきましょう。

公務員の有給の日数はどれくらい?

公務員は、年間で20日の有給がもらえます。

しかも、有給は入庁したばかりの新入職員のうちから与えられます。

民間の会社だと、入社して半年経過しないと有給がもらえないケースが多いのが一般的。

そう思うと、新入職員から有給がもらえる公務員は、かなり恵まれています。

たいせー
たいせー

新入職員の場合、15日しか有給がもらえない自治体もあるから調べてみてね!

有給は20日繰越し可能

さらに、使わなかった有給は20日まで翌年度に繰越しすることができます。

例えば、

1年目に5日間有給を使った場合は、15日分の有給を繰り越すことができます。

その結果、

翌年度は有給が35日(有給20日付与+15日繰り越し分)になる、

という計算です。

ただし、どんなに有給を繰り越したとしても、最大で有給は40日間まで。

使わないと有給は無くなってしまいます。だから使わないと損なわけです。

公務員の時間休は1時間単位で取得できる

公務員の最大のメリットが「時間休」という休み方。

民間企業だと、有給は半日か1日で取るケースが多いです。

しかし、公務員には「時間休」という制度があり、1時間単位で有給を取得できます。

例えば、

  • 飲み会の翌日に1時間だけゆっくり出勤する
  • 土日に旅行するから金曜は3時間だけ早く帰る

公務員には、こんな有給の使い方ができます。

「疲れているから休みたいけど、仕事の都合で1日は休めないな・・。」

こんな時にも、時間休なら自分の仕事を終えた後に、少し早く帰れます。

たいせー
たいせー

時間休は、公務員なら良く使う休み方だよ!

【経験談】特別区の新入職員で有給を15日取得した方法

ここからは私の経験談。

特別区に入庁した1年目に私は、有給を年間で15日取得しました。

入庁したばかりの新入職員のため、有給の日数は純粋に20日のみ。

そのうち15日を1年目の職員が取得するというのは、中々あり得ないことです。

どうしてそんなに取れたかというと、それは

「自分から取りやすい雰囲気を作り出していた」から。

有給をたくさん取るためには、自分から取りやすい雰囲気を作り出すことも大切なんです。

その「コツ」は次の3点ですね。

  1. 他の職員の有給日を把握し休みやすい日を見つける
  2. 自分の趣味や持病を公言して休む理由に大義名分を持たせる
  3. 周りの職員と日頃から良好なコミュニケーションを取る

新入職員は特に上記の内容を押さえておきましょう。

同じ日に何人も有給を取る人がいると、さすがに上司に断られてしまいます。

自治体にもよりますが、公務員は「アウトルック」というシステムを使用してスケジュール管理をしています。

日頃から周りの職員の予定も確認し「この日は空いている!」と確認してから有給の申請をしましょう。

また、自分の趣味や持病を公言しておくと、周りの職員からも理解が得られやすいですよ。

たいせー
たいせー

私は腰を痛めやすいためよく通院で有給を取得していました。日頃から公言していたので理解されやすかったよ!

もちろん、周りの職員との良好な関係も大事。

仲が良ければ、休みの日に仕事を手伝ってもらえますからね。日頃から良くコミュニケーションを取るようにしましょう。

ちなみに、もし1年目から有給をガッツリ取得しようと思っている方は、1点気を付けておくべきことがあります。

それは、

入庁してから6ヶ月間(半年間)までは「仮採用」

だということ。

入庁して早い段階から有給ばかり取っていると、「やべー奴」認定されます。

そうなると最悪、正式に採用されないことだってあります。

私も半年経過し、本採用になった10月以降に有給を取りまくりました。

たいせー
たいせー

有給をたくさん使いたい新入職員は、正式に採用されてからの方が安全ですよ!

ちなみに、私は有給を取得して資格試験の勉強をしていたこともあります。

資格試験に興味がある方は、下記の記事も参考にどうぞ。

【出世にもつかえる!】公務員にオススメの資格3選

本当に取れる?公務員の有給休暇のリアルを解説

地方は12日、国は15日、民間は11日という結果

公務員の有給日数は20日。そのうち、有給を何日くらい取得できているのでしょうか。

まずは、下記の公式データから。

区分都道府県指定都市市町村全体
平均取得日数12.3日14.0日11.0日11.7日
区分民間
平均取得日数14.9日10.1日
(出典:令和元年度地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果

上記のとおり、地方公務員の平均は約12日で、国家公務員の平均は約15日。

そして、民間企業は約10日という結果です。

やはり、公務員の方が全体的に有給の取得が進んでいますね。

驚きなのが、

国家公務員の有給取得(約15日)>地方公務員の有給取得(約12日)

ですね。

このあたりは、国家の方が有給を消化するよう言われている表れかもしれません。

ちなみに、地方公務員だと政令指定都市が最も有給の取得が多い結果に。

政令指定都市は、給与や年収も高い上に、有給の取得率も高いので勤務先として恵まれていますね。

公式データの数値はあくまで平均値

上述のとおり、地方・国の公務員ともに10日以上の有給を取得していました。

とはいえ、先ほどのデータはあくまで平均値。

実際は、そんなに有給を取得できていない人もたくさんいます(もちろん、さらに取得している人もいますが)。

公務員の有給について、ここからはリアルな取得状況を解説していきます。

【経験談あり】本当はどうなの?公務員の有給のリアルを紹介

有給が取れるかどうかは、主に下記の3点によって決まります。

  1. 配属部署の忙しさ
  2. 個人の性格と業務能力
  3. 個人の家庭事情

順に説明しますね。

①配属部署の忙しさ

公務員の場合、部署によって忙しさが全く違います。

当然ですが、忙しい部署なら有給はあまり取れませんし、暇な部署なら簡単に有給を取るこ とができます。

例えば、特別区や市役所の場合、

  • 本庁の方が忙しく、出先は比較的暇な傾向にある
  • 本庁間でも、人事課・財政課・政策企画課などの出世部署は忙しい
  • 課によっても忙しい係と暇な係がある

といった違いがあります。

もちろん、暇な部署ほど有給の取得日数は多いです。

私の場合、本庁→出先の順で異動しましたが、有給の取得数は出先の方が圧倒的に取れています。

本庁の都市計画に関わる部署(比較的忙しい)にいた時は、年10日取れれば良い方でした。

しかし、出先では毎年、20日のフルで有給を取得しています。私以外の出先の職員も、15日〜20日で取得しています。

それでいて、仕事もちゃんと回っているんですよね。

しかも、残業時間も出先の方が少ない。

出先は「有給もたくさん取れるし、残業時間も少ない」という最高の環境です。

ちなみに「有給を取るよりも出世したい!」と思う方は、下記の記事も参考になるはずです。

【徹底解説】地方公務員が出世する部署はどこ?

②個人の性格と業務能力

部署だけで有給の取得日数が決まるわけではありません。

忙しい部署でも、有給を取得している人はいます。

その理由は、有給を取れるかどうかは「個人の性格」や「業務能力」にもよるからです。

例えば、

  • 他の人は休んでないけど自分は休む
  • 仕事よりもプライベートが大事
  • 休みを取って嫌な顔されても関係ない

こんな風に思える人は、有給を取りやすいですよね。

それ以外にも、仕事が早い優秀な職員は有給もしっかり取っている人が多いです。

  • 業務能力が高いから、一人で仕事を進められる
  • スケジュール管理が上手なため、有給日を事前に決めている

といった感じ。

ちなみに「役職が上の人の方が有給が取りにくい」と言われますが、そんなことはないかと。

役職が高い人でも、仕事があまり好きでない課長・部長もいました。

その人達は、スケジュール帳に、事前に有給がいっぱい入っていましたよ。

ようは、個人の性格や業務能力によるんですよね。

③個人の家庭事情

有給は、個人の家庭事情にも影響します。

  • 子育て中の職員
  • 独身の職員

この両者だと、やっぱり、子育て中の職員の方が有給を取得しやすい雰囲気があります。

公務員は、有給を取得する時に事前に

「上司に申請」→「課長の決裁」を取る必要があるんですが、

独身のときはよく上司から「なんで休むの?」

と理由を聞かれていました。

意外とこうした言葉が、プレッシャーになるんですよね。

ここ最近は、理由を聞いてくる上司は減りましたが、子育て世帯へ配慮している上司は多い印象です。

たいせー
たいせー

私も子どもが生まれてから有給が取りやすくなりました!

有給休暇以外の公務員の休暇

ここまで有給について解説してきましたが、公務員はそれ以外にも休める制度があります。

代表的な制度として、

  • 夏季休暇
  • 年末年始休暇
  • 子ども看護休暇

を押さえておきましょう。

①夏期休暇

まずは、夏期休暇から。公務員にはお盆休みがありません。

そのかわりに、「夏期休暇」と呼ばれる夏休みが与えられます。

この夏期休暇は、7月〜9月の間に5日取ることができます。

5日分連続して取っても良いですし、1日ずつ分けて取得することもできます。

ただし、夏休みは時間休のように1時間単位で取得することはできないので注意。

ちなみに、夏休みはすべて使いきらないと消滅します。有給のように繰越しできない仕組み。

私はだいたい、お盆の期間は出勤し、8月下旬〜9月に夏休みを取っていました。

お盆なんて、お客さんもほとんど来ないですしヒマですからね。

たいせー
たいせー

夏休みは必ず使い切るように言われるよ。全部取得できなかった人がいたら超例外かな!

②年末年始休暇

公務員の年末年始の休みは決まっていて、 12月29日〜1月3日の合計6日間。

その前日の、12月28日は仕事納めで、1月4日は仕事初めです。

正直、年末年始は業務をしているというより、挨拶周りの対応などがメイン。

そのため、有給を取って長期の連休にしている職員も多いです。

③子ども看護休暇

公務員には、まだ休みがありますよ。

子どもが熱を出して、病院に連れて行くときなどの子供の看護に関わる休みです。

一般的には「子ども看護休暇」と呼ばれたりします。

私の自治体では、小学校3年生以下の子どもに対して、5日間の休暇が与えられます。

つまり、2人子どもがいれば、5日×2人で10日間になります(3人以上いても、最大10日までです)。

子ども看護休暇の制度は民間企業でもありますが、取得すると減給される会社が多いんですよね。

でも、公務員の場合はそうした心配はありません。

子ども看護休暇を取った日もしっかりと給料が発生します。

民間企業からしたら考えられないような制度ですが、公務員の子育て世帯は特に休みやすい雰囲気になっています。

たいせー
たいせー

ちなみに、子ども看護休暇は繰越しができないから、みんな早めに取得しているよ!

まとめ

今回は、公務員の有給休暇についてまとめました。

公務員は、民間企業と比較すると様々な休暇制度があり、制度として充実している環境です。

もちろん、有給を取りやすいかどうかは、配属された職場や個人による部分も大きいので、意識しておきましょう。

というわけで、最後に要点をまとめます。

まとめ
  • 公務員は、年間で20日の有給がもらえる
  • 有給は20日間まで繰り越しできる
  • 公務員にはは1時間単位で取得できる時間休がある
  • 公務員が有給を取れるかは主に、①配属部署の忙しさ、②個人の性格と業務能力、③個人の家庭事情による
  • 夏季休暇は7月〜9月に5日間取得できる
  • 年末年始は12月29日〜1月3日までの計6日間ある
  • 子どもを看病するための子ども看護休暇もある

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事を読んで 「公務員になりたい!」と思った方は、まず、公務員試験の勉強スケジュールから把握しましょう。

下記の記事では、公務員試験の勉強をいつから開始すべきか解説していますよ。

【まとめ】公務員試験の勉強をいつから開始するべきか徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。