【経験者が後悔を語る】公務員を退職するのにベストなタイミングはいつ?

こんにちは!たいせーです。

悩む人A
悩む人A
  • 公務員を辞めたいけど、いつ辞めたら良いのかな
悩む人B
悩む人B
  • 退職の話をしたら職場の雰囲気が悪くならないか心配。経験者の話が聞きたい。

公務員を辞めたいと思っている人はかなり多いです。

やっと退職を決意しても、今度は職場に伝えるタイミングに悩みます。

そんな人のために、今回は「公務員を退職するベストなタイミング」について紹介します。

もちろん、人によって辞めるベストなタイミングは違います。

とはいえ、それぞれのタイミングのメリットとデメリットを知ることで、一気に次の行動に進めます。

記事を書いている私は、公務員(市役所)→大手民間企業→公務員(特別区)という経歴の持ち主です。

たいせー
たいせー

実際に私が辞めた時の経験を元に書いているよ!

恥ずかしいですが、私の退職する時の失敗談も紹介します。

サクッと読める分量なので、ぜひ最後までお読みください!

退職を伝える前に最初にするべきこと

公務員を辞める決心がついたら、まずやるべきことがあります。

それは、所属する自治体の服務規定を確認すること。

服務規定には、必ず退職願をいつまでに提出すべきか書いています。

自治体にもよりますが、14日前や30日前といった感じですね。

退職するにはまず「いつまでに退職願を提出するのか」を把握することから始まるんです。

じゃあ、それまでに退職を伝えれば良いんだね?

服務規定的には問題ないですが、実際は3ヶ月くらい前には伝え方が良いかと。

退職が決まったら、仕事の引き継ぎをする必要がありますからね。

たいせー
たいせー

通常業務に加えて、引き継ぎすることになるよ!

さらに、職場側も自分が抜けた後の人事を調整する必要があります。

職場的には、退職の報告はできるだけ早く知れた方が助かるんです。

直前に退職の意向を伝えると、周りに迷惑がかかるのは間違いないですね。

『周りに迷惑はかけないで辞めたいな』

そう思う人は、最低でも3ヶ月前には伝えましょう。

いつまでに退職を伝えるべきか分かったら、次は辞めるべきタイミングです。

公務員を辞めるベストなタイミングはいつ?

公務員を辞めるタイミングは、基本的に以下の3つですね。

  1. 年度末(3月末)
  2. ボーナス月(6月末か12月末)
  3. 自分の辞めたいタイミング

順番に解説します。

①年度末(3月)

一番多いのが年度末の退職ですね。

メリットは、

  • ちょうど人事異動のタイミング
  • 周りの職員に仕事のしわ寄せがいかない
  • 退職金が増える

私が市役所を辞めた時も、年度末で辞めました。

一番のメリットは、年度末退職だと人数が減らないことですね。

年度の途中で辞めると、人員が減り周りの職員に迷惑がかかります。

たいせー
たいせー

新年度まで人員が補充されないことも多いよ!

周りの目が気になって退職を言えない人は、年度末での退職をおすすめします。

②ボーナス月(6月末か12月末)

辞める側のメリットが大きい月として、ボーナス月の6月と12月もアリです。

どうせ辞めるんだったら、ボーナスはもらいたい!

こう思って、ボーナス月に辞める人も割と多いです。

とはいえ、職場的には年度途中だし、自分のことしか考えていないと思われるリスクはあります。

  • 年度末よりももっと早く辞めたい
  • でも、もらえるお金はしっかりもらいたい

上記の人は、ボーナス月に辞めるのは良いかと。

③自分の辞めたいタイミング

  • 辞めるのは自由だから好きな時に辞めたい
  • 転職先で働く日が決まってるから、今すぐ辞めたい

こんな人は、自分の辞めたいタイミングで辞めましょう。

辞めるタイミングは自分で決めるのが一番大事です。

でも、多くの人は周りから批判されるのが心配で、辞めるタイミングに悩みます。

実際、今まで年度途中で辞める人を多く見てきましたが、

  • 自分勝手で困る
  • 周りの職員のことを考えていない

本人には言いませんが、陰でこんな風に批判する人が多かったです。

自分の辞めたいタイミングで辞めるのが理想です。

でも、周りに迷惑がかかるのも事実。

周りとは良い関係で仕事を辞めたい!

そう思う人は、うまくバランスを取るしかないですね。

逆に、

批判する人なんて気にしない!

こう思える人は、自分の好きなタイミングで辞めちゃいましょう。

【失敗談】私が退職を報告したタイミングと後悔

ここからは私の経験を少しお話しします。

私が市役所を退職したのは、年度末。

ただ、実際働いたのは3月の中旬までで、10日ほど有給を使って辞めました。

直属の課長に退職の意思を伝えたのは、5ヶ月前の10月。

今思うと反省なんですが、普通は係長→課長の順番に退職を伝えるべきです。

ですが、私は自分の係長よりも先に、課長に伝えてしまったんですよね。

当時は、

  • 係の仕事が繁忙期で忙しい
  • 異動したての職員が多く退職すると係長に迷惑がかかる

そんな状況だったため、係長に退職を切り出せない毎日でした。

悩んだ私は、休みの日にこっそり課長に電話で退職の意思を伝えたんです。

課長からは「気持ちは分かったけど、もう少し考えてみないか」と引き止めがありました。

ですが、退職の決心はついていたので、数日後、退職願を課長に提出。

その時も係長には、退職の意思を伝えていませんでした。

最終的に伝えたのは、年が明けた1月後半。係長は、驚いた様子で聞いてくれましたが、

後から聞いた話では、既に課長から事前に報告を受けていた、とのことでした。

係長に先に話さなかったことは、今でも後悔として残っています。

退職願を提出した後は、部長(部活のOB)から個室に呼び出されましたね。

大きな課だったので、部長と言えどほとんど面識はありませんでした。

「同じ部活の後輩が退職すると聞いて話を聞きたいと思った」

と言われ、30分ほどお話しをしました。

  • 市役所を辞めようと思った理由
  • いつから退職しようと思っていたのか

たくさんの質問をされましたが、転職の理由を話した所

「引き止めようと思ったが、やりたいことにチャレンジするなら応援するよ」

そう言ってもらえました。

同じ係のメンバーへは、3月の係会で係長から報告してもらいました。

みんな全く気付いていなかったので、めちゃくちゃ驚かれましたね。

係の人には迷惑をかけたくなかったので、残りの仕事は気を緩めず働きました。

もちろん、自分の仕事の引き継ぎもしっかり行いましたね。

退職を報告した後に必ずやるべきこと

退職を職場に報告したら、以下のことをやっておきましょう。

  • お世話になった先輩や同僚への挨拶
  • 仕事で関わった人への報告

私の場合は、お世話になった職場の人には、直接挨拶に行きました。

餞別のお菓子を渡しながら退職することを伝えに行きましたね。

特にお世話になった人は、挨拶に行くことを忘れないようにしてくださいね。

また、仕事を一緒にした外部の人には、メールで報告をしました。

公務員を辞めても、どこかでまた関わるかもしれませんからね。

本当に困ったときは退職代行へ

個人的にはおすすめしませんが、退職を切り出せない人は退職代行もありです。

以下の3社は有名なので、安心して利用できるはず。

たいせー
たいせー

退職代行は最後の手段。自分で直接伝えるのが一番良いよ!

【決断できない人向け】公務員を辞めたいなら今から行動しよう

この記事を読んでいるということは、あなたはきっと何かに迷っているはずです。

  • そもそも公務員を辞めて良いか分からない
  • いつ上司に伝えるべきかまだ迷う

そんな人は、まずは動き出すことから始めてください。

悩んでいる人は、何も行動しないで不安になっているケースが多いです。

そんな時は、実際に行動に移して不安を払拭しましょう。

たいせー
たいせー

私が公務員を辞めるか悩んだ時は、ひたすら読書をしていたよ!

  • たくさん読書をする
  • 新しい資格の勉強を始めてみる

実際に行動に移せば、自分のやりたいことが発見できるかもしれません。

今のまま行動しなければ、未来は何も変わりません。

少しでも良い人生にしたい人は、動き始めてください。

何をすれば良いか分からない人は、以下の行動から試すのもアリかと。

新しい勉強をしたい人向け!

【出世にもつかえる!】公務員にオススメの資格3選

公務員から転職したい人向け!

【経験者が語る】20代で公務員を辞めたいなら今すぐ行動すべき理由 【後悔するな】公務員を辞めたい30代がやるべきこと3選

スキルアップして成長したい人向け!

【副業解禁に備えよう!】公務員がプログラミングを学ぶべき理由3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。